クレジットカードの系列が日本国内でどうなっているのかについて調べてみました。クレジットカードを持つことが一般化しつつある近年、クレジットカード会社の数も増加しています。クレジットカードはどんなものを選べば良いか、国内のものだけでも悩んでしまいます。

設立母体や業種によっていくつかの系列に分けられるクレジットカード会社が、国内にはたくさんあるようです。国内のクレジットカード会社はの中でも主流となるのは、銀行のグループ会社です。銀行自体がクレジットカードを発行することができず、グループ会社からの発行と、日本国内でクレジットカードの発行が始まった初期にはなっていました。

さまざま発行されるクレジットカードの中でも、信販会社からのものを信販系といいます。百貨店やスーパーマーケットから発行されるクレジットカードは、他に流通系といわれています。流通系の場合はほとんどが、母体となるところのポイントカードとしての機能も持ち合わせています。犯罪収益移転防止法にするものです。

国内の主な系列は3つですが、石油系・交通系や消費者金融会社の発行するクレジットカードなど異なる業種もクレジットカード業界に参入しています。各系列によってクレジットカードの特色には差がありますので、自分の使い方に合うカードを選びましょう。様々な国内のクレジットカードの中から、何種類かのカードを使い分けてみても良いかもしれません。

一般カードのようにグレードが低くても旅行保険がついているものが多いので国内や国外でも安心です。

病気の治療やケガでの通院や入院、死亡や後遺傷害などに対応していて年会費が高いほど補償額が大きいようで心強いですね。

国内よりも海外旅行の方が限度額が大きいのが通常ですが、これについては、諸外国の医療制度が日本よりも整備されていないことが原因と考えられます。

ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。

規定された条件が自動付帯か利用付帯かよって異なりますが自動付帯は所有していれば適用されるもので、利用付帯は旅行代金などの支払に利用した場合にだけ適用される保険です。

現金が手元に少ないときに現金なしでも買い物できる1枚が財布の中にあれば安心です。

例えば、物を購入した際の支払時に少し現金が足りない事もあると思います。

そんな時に、この1枚で支払いを済ませれば商品を戻すことなく手に入れることが出来ます。

それに、これは支払に利用する他世界で利用できるキャッシング機能があるのでどうしても現金が必要な時はこちらを使い提携ATMから引き出すことができます。

クレジットカードは買い物の支払い時に財布から現金を取りだす必要なく支払いが出来るのであればとても便利に使えるカードです。

そして、買い物の支払いだけでなく電気・ガス・水道もクレジットカードを使って支払いが可能です。

クレジットで公共料金の支払いをするとポイントが知らない間に貯まっている事もありそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。

が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月額の割引制度対象から外れる事があります。

インターネットショッピングをするときにオンラインで支払い手続きを完結する方法をネット決済と言います。

支払の方法は色々ありますが、プリペイドの電子マネーを使う方法は使いすぎを防げて安心です。

消費者は、わざわざ振込みに出かける必要がなくなるので時間を気にせずショッピングができるメリットがあります。

販売店は都合の良いときにサイトを更新すれば良く帳簿をつけなくてもWEB上に記録が残っているので管理がしやすいです。

メリットばかりに思われがちですが、デメリットも多くセキュリティ対策を万全にしておかないと悪用される可能性が高いです。

ゴールドカードはクラッシックよりも高い付加価値が与えられているので通常よりも手厚い待遇を受けることができます。

昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年では、よりハイレベルなカードが作られてきたので、条件はゆるくなってきたようです。

この会員が享受できる特典はいろいろありますが、一例としてはより高額な保険補償額の提供、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。

年会費無料なものもありますが、こちらは一般会員の中から企業が規定した条件を満たした利用者を勧誘するシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。

更に一定の利用金額で年会費が無料になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドプレミアムでは年間100万円の決済で適用されます。

クレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなくその他にもメリットが色々あります。

イオンやOMCなどの流通系のものは定期的に系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスを開催しています。

国際部ブランドのVISA、MasterCard、JCBなどは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。

会員向けのレクリエーション特典として発行元が運営しているものにはフットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。

片や、美容や医療面に力をいれているカードもあり子育て支援や介護、自己啓発などの相談サービスを利用できるものもあります。

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので日々節約は必須です。

節約生活の中に取り入れて頂きたいのが、キャッシュレスでも買い物できる1枚です。

何かの支払いの時にこれを使用するとポイントが加算されていきます。

付いたポイントは商品券・その他の商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率的に加算させるにはポイント返しの率が良いもの使用してすべての支払いに使用するのが良いでしょう。

手持ちの現金が乏しいときでも買い物できる1枚、その支払い方法の中には一括・分割・ボーナスなどから選ぶことが出来ます。

リボ払いで支払う方法は分割で支払う方法と違っていて支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社へ支払います。

月の支払額を一定にできるので金銭の管理がしやすくできるのが特徴です。

ですが、この方法選ぶと手数料もかかりますから毎回支払い方法に選ぶ事は避けた方が良いでしょう。

返済方法は計画的に行ってください。

買い物をしている時にあると便利なのがクレジットカードです。

現金を取りだす必要なく、カードで支払いが可能です。

様々な会社がクレジットカードを提供していますが基本、クレジットカードは使用すればするほどカードにポイントが付きます。

ポイントをどう使用するかは色々ですがカード請求の時に貯まったポイントをあてたり豪華賞品と貯めたポイントを交換するという様な事も出来ます。

映画もキャッシュレスで見られるので現金を持ち歩く必要がなくなるカードがありますね。

利用金額の0.5%~1%程度のポイントが付いたりイベント開催時には数倍になることもあります。

レジで店員さんに渡して支払処理をしてもらう簡単な使い方なのですが、他人の物を使うと裏面にサインされた筆跡でバレてしまいます。

支払で使った金額の清算の方法は契約時に指定された毎月の支払日に自動引落されます。

支払回数は購入時に指定することもできますが、ネットや電話で変更する事もできます。

万が一の時に持っていると安心なクレジットカードはカード会社が多数存在するのでどこでカードを作ってよいか迷ってしまうという方も多いでしょう。

そんな時参考にしたいクレジットカードの選び方は各カードの年会費や金利などを見比べてみる事です。

年会費がかかるのが嫌な場合は年会費がかからないクレジットカードを。

キャッシングも考え居る人は金利が低いカードがお勧めです。

クレジットカードは日本人にも不可欠なものになりましたがそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。

有名なところでは、VISA、MasterCard、JCB、DinersClib、AMEXがあり、基本的には世界中で使うことができるアイテムです。

三井住友は日本で最初にVISAと提携した企業であり知名度が高く信頼性も抜群だと思います。

MasterCardも所有者が多く幅広い層から支持されており消費者金融のアコムと提携していることでも知られています。

JCBは国内在住の人なら持っていた方が便利なのですが海外旅行で日本人があまり行かない地方では使えないことが多いようです。

クレジットカードはネットオークションの際にキャッシュレスで支払ができます。

4桁の数字が4組刻印されているのを見れば個人の識別や提供会社、ブランドの識別がなされる仕組みです。

売り上げや利益は会員が利用することから得るのですが支払回数2回までは金利手数料がかからないことはあまり知られていません。

利用者からの売り上げが得られない場合は運営会社に収益は1円もないのでしょうか。

実は飲食店や商店などの加盟店からも手数料を集めているので必ず利益が出るシステムになっているのです。

1枚あると便利なクレジットカードの審査は色々なローンに関する審査に比べると容易いケースが多くほとんどのクレジットカード会社がネットから24時間365日申し込みが出来ます。

過去にローンに関する問題が無ければ簡単な申し込み方法で審査時間も短く済む場合が多く審査に合格すれば約1週間程度で本人宛のカードが郵送されます。

現金をあまり持ち合わせてない時財布にクレジットカードがあると便利です。

クレジットカードを発行する会社は沢山ありますからどこの会社にしようか決めずらい人もいると思います。

もし、迷ってしまった時はクレジットカードを比較してみるのも一つの手です。

カードの見比べはインターネットから各クレジットカードを比べたサイトなどが参考になります。

関連ページ